Start Listening

罪ほろぼし

Written by
Narrated by
Ratings:
1 hour

Summary

小兵衛は五年前の〔辻斬り〕事件の永井十太夫の息子源太郎とめぐり合う。あの事件さえなければこの若者は…と、小兵衛は源太郎への助力し盗人一味を捕らえる。 源太郎は「いくらかは亡父の罪ほろぼしをしたような…」と語る。 ―剣客商売(12)より―(時代小説)朗読者:小森 彰

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.