Start Listening

伊豆の踊子

Written by
Narrated by
Ratings:
1 hour

Summary

二十歳の私が、高等学校の制帽をかぶり紺絣の着物に袴をはき学生カバンを肩に、高下駄をはき天城の坂道を登って行った。私の期待通り、その峠の茶屋で旅芸人の一行が休んでいた。私は「下田まで一緒に旅をしたい」と思い切って言った。

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.