Start Listening

礼金二百両

Written by
Narrated by
Ratings:
54 minutes

Summary

久々の休日、長谷川平蔵は朝が来ても、それどころか日が暮れても寝間から出て来なかった。「あまりにもひどい、烈しい疲れが、お躰の中へたまりにたまっておられるのですもの…」夜も好物の白粥と葱入りの煎り卵を食べてまた眠ってしまった。と、そこへ与力・佐嶋忠介が役宅から駆けつけてきた。「お疲れのところを、おそれいりまするが…」 (時代小説)監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.