Start Listening

こころ(4)

Written by
Narrated by
Ratings:
2 hours

Summary

夏目漱石の作品の中でも特に高い人気を集める、あの不朽の名作が遂に登場。
明治から大正へと移り変わる大きな時代の流れの中で、自らの過去を背負って生きる「先生」の苦悩とは?
青年の目と、先生自身の長い手紙によってじっくりと描かれる、心にじわりと響く長編小説です。

※本作品は、FeBeの月額会員サービス「プレミアム会員」にご加入の方に、
 2012年12月~2013年4月までの5ヶ月間にわたってプレゼントさせていただいた音声を商品化したものです。
 この「こころ(4)」は、2013年3月にプレゼントさせていただいた、「下 先生と遺書」の九~三十二までを収録しています。
 プレミアム会員にご加入されていたことのある方は、「本棚」をご確認の上、お求めいただけますと幸いです。


鎌倉の避暑地で一人過ごしていた「私」は、
同じく東京から来ている「先生」に出会い、交流を深めていきます。

東京に戻ってからも、世間の目につかぬようひっそりと暮らす先生の過去に興味を示す私と、
たびたび寂しげな表情を浮かべて、世間と、そして私との隔たりを感じさせる先生との交流は続きます。
しかし先生は、私にも、奥さんにも、決してその過去を話そうとはしないのでした。

そして、地元に帰っていた私のもとに、先生から長い長い手紙が届きます。


明治という時代が終わり、大正という新しい時代が始まって間もない時期に描かれた本作品は、
その時代のこころを伝えつつ、一人の人間の強さと弱さ、苦悩を描き、今なお色あせることがありません。

これまでに夏目漱石の作品に触れたことがある方も、初めて漱石の文学に触れる方も、
漱石という人物が生きた時代とそのこころを、深く味わうことができることでしょう。

※本作品は夏目漱石著『こころ』の中から「下 先生と遺書」の九~三十二までを収録しています。
 「こころ(1)」~「こころ(5)」までの5作品で、作品全文を朗読していますので、
 続きは「こころ(5)」でお楽しみいただけます。

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.